1. Home>
  2. ブログ

ブログ

ピラティス実践編「ヘッドノッズ」

2019/03/14

皆様こんにちは。

リワークプログラム
スポーツ(運動療法) 担当の今井です。

本日のリワークスポーツは玉田先生指導のもと『ピラティス』を行いました(^ ^)
image1 (4)

ピラティスとは?
「呼吸」と普段あまり意識できない「筋肉」に意識を向けながら、『正しい体の使い方』を覚えていくエクササイズです!!ピラティスは基本的にマットの上で寝た状態で行え、運動に慣れていない方でも安心して行えるエクササイズです。 玉田先生の元気で!わかりやすい指導も!大変好評のプログラムになっております。運動が初心者の方にも安心して行えます!!(≧∀≦)

今回は実際行っている『ピラティス』の動きをご紹介します^_^

★ ヘッドノッズ
効果:首周りの筋肉を動かすことで、慢性的な肩コリ、背中周りのコリがある方にオススメです!!

1)姿勢を真っ直ぐに床に寝ます。
image2 (2)
2)『鼻から』息を吸いながらアゴを天井に向けます。
image3 (2)
3)5秒~8秒かけて『口から』息を吐きながらアゴを引きます。
image4 (1)
この動作を5回~8回1~3セットを目標に行ってみてください!

次回のリワークスポーツは!!
3月28日(木)『体力測定』になります。
image5 (1)
初めての方は無理のない範囲で、今自分の柔軟性、筋力がどのくらいあるのかを知る機会にしていただければと思います!2回目以降の方は前回の数値を上回るよう頑張ってみましょう!! ご参加お待ちしております!
image6

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
うつ病・不安障害などで、休職中・退職された方を対象にリワークプログラムを行っています。メンバーで支えあいながら、「主体性」「楽しむ力」を養うこと、取り戻すことをテーマに活動しています。参加をご希望の方は、診察の際に主治医にご相談ください。

目標にチャレンジする(マラソン大会結果報告)

2019/03/13

皆様こんにちは。

リワークプログラム
スポーツ(運動療法)担当の今井です(^^)

先日は名古屋市内にてウィメンズマラソンシティマラソンが開催されました^ ^

朝早くからみなさん集合していただきありがとうございました!!

今回のマラソン大会は途中から雨が降り出してきたため非常に寒く(><)
過酷な状況でのマラソンになりました!!

私も色々トラブルがありバタバタした大会になってしまいました・・・

ですが!!

こんな悪天候、悪状況にも負けず亀井先生をはじめ無事に完走することが出来ました!本当に素晴らしいです(^O^)今回は私の都合でなかなか練習会などすることが少なくサポートがあまりできませんでした(><)

その中で最後まで諦めずに走りきったのは本当に凄いと思います!!
完走というはっきりとした『目標』があったからだと思います。

本当に皆さんお疲れ様でした!!

マラソン2019

今度は今井も一緒に目標に向かって走りたいと思います(≧∇≦)

また、大会情報、練習会情報などご案内いたしますのでブログ等確認してくださいね。マラソンやランニング以外のスポーツイベントについてもこちらのブログでお知らせします!

よろしくお願いします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
うつ病・不安障害などで、休職中・退職された方を対象にリワークプログラムを行っています。メンバーで支えあいながら、「主体性」「楽しむ力」を養うこと、取り戻すことをテーマに活動しています。参加をご希望の方は、診察の際に主治医にご相談ください。

人はなぜ走るのか?

2019/03/08

こんにちは。

86期復職トライアルも一週間が経ちました。今週はスポーツ講座で「一万歩ウォーキング」にもチャレンジしましたが、なかなかの達成感でしたね。来月のウォーキングは桜が残っているといいなと祈ってます。さて、今週末は大相撲の春場所がはじまります。リワークでは千代丸に注目が集まっています(一部)が、今週末は「走る!」です。

名古屋ウィメンズマラソン・シティマラソンな週末です。
目標を明確にして取り組むことのひとつとしてマラソン大会も活用しています。リワークメンバーと一緒に走ります!

走ること自体は個人的な活動かもしれませんが、一緒に練習したり、一緒に励ましあったり、一緒に大会に出たり。みんなで取り組むことで、また違った体験にもなるのが不思議な競技です。個人競技なのに一体感を感じられる瞬間があります。沿道の応援もすごく力になることを感じられたり、走ってみて気づくことがいっぱいあります。

さてさて、なぜ人は走るのでしょうか? そこに、道があるから...

登山家のジョージ・マロリーがそんなことを言ったとか言わなかったとか
「そこに山(それ)があるから」的な。

乃木坂46も歌ってますね。
♪♪人はどうして走り出したんだろう?ゆっくりと歩いてたほうが楽だったはず♪♪

マラトンからアテネまで走ってしまったから?
メロスが寝坊しながらも、セリヌンティウスのために走ったから?
ランナーズハイに到達したいから?

足を前に踏み出すことの連続ですが、そこに何かを求めているのかもしれないですね。何か探していると迷ってくるので、とりあえず走ってみるのかもしれません。

時に、「走れメロス」はなかなかに深い(かもしれない)お話しでおすすめです。

友との友情のために命がけで走るメロスの英雄譚のような物語として覚えているかもしれません。人によっては、メロスはなかなか悪い奴だな!って思いが出てきたりするかもしれないです。また、何度も読んでいると、愛と友情というか裏切りと信頼をテーマにしたなかなか深いお話し(かもしれない)、太宰治らしいなという印象をもつ作品になるかもしれません。

「人は裏切るもの」という信念にたいしてどうやって反証するか。
「信じる」ことの大切さをどう伝えるか。

言葉だけで伝えることが難しいかもしれません。

だから

「走る」

ことで、何かを伝えようとしている(のかもしれません)

メロスとセリヌンティウスと王様とが織りなす喜劇?悲劇?が、それに対す考え方をみせてくれる素晴らしい作品です。「走れ!!!!!!メロス」「たのむから走ってくれ!!!!」といった感嘆符をたくさんつけたくなるような思いが湧いてきたりもします。最後は、河原でクロスカウンターのような青春描写からの...アレもきっと太宰治のこころの中にある風景を言語化したものなのかもしれません。

「信じること」の大切さと難しさ。「人は裏切るもの」という信念との葛藤は、いつの時代でも考えさせられることだと思います。人間関係をよくしようとか、人との距離感が大切という言葉で言うのは簡単ですが、こころで理解する、腑に落ちることは難しい。そんな思いが、なぜかこのようなお話しになったのかもしれません。個人的な感想なので、文学的な読み解き方がほかにあるかもしれませんのであしからず。

そんな「走れメロス」ですが、文学はちょっと読むのが...と思う方は、

森見 登美彦さんの『新釈 走れメロス 他四篇』(最近では「夜は短し歩けよ乙女」や「ペンギン・ハイウェイ」などがアニメ映画化されてますね)を読むと、現代設定にアレンジがされているので読みやすいです。原作に劣らず、森見さんのメロスもおすすめです。走れメロスに内包されているいろいろな思いをよりわかりやすく描いてくれています。(先に原作を読んでいるほうが楽しめると思います)

Merosu

何のために走るのか? その問い自体が不問なことかもですね。

♪♪走る 走る 俺たち 流れる汗もそのままに
いつかたどり着いたら 君にうちあけられるだろ♪♪

爆風スランプもそんな感じのことを歌ってます。
走って走って、たどり着いてからですね。

そんな思いを抱きながら、
週末はみなさんがんばって走りましょう!

また来週です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
うつ病・不安障害などで、休職中・退職された方を対象にリワークプログラムを行っています。メンバーで支えあいながら、「主体性」「楽しむ力」を養うこと、取り戻すことをテーマに活動しています。参加をご希望の方は、診察の際に主治医にご相談ください。

マラソン大会『出走前集合場所』について

2019/03/05

こんにちは(^^)

リワークプログラム/スポーツ(運動療法)
担当の今井です!

日に日に寒さがなくなり暖かい陽気になってきましたね!!

さて、今回のご案内は

3月10日(日)
名古屋シティマラソン/名古屋ウィメンズマラソンの『出走前集合場所』

についてのお知らせです!

今回初めて走られる方、そうでない方も本番前は誰でも緊張するものです!!
出走前にみんなで集まり完走のためのエールを送らせていただき、お力になればと思います!!

【集合時間】 8時30分
【場所】ナゴヤドーム横のファミリーマート

〒461-0048 愛知県名古屋市東区矢田南4丁目6付近
※シティマラソンの手荷物預けは9:00までなので、先に手荷物を預けておきましょう。

出場される方、応援する方皆様の集合を楽しみにお待ちしております!!

当日、今井は集合した後自転車で皆様を追跡!応援いたします(^_-)

別件のお知らせです。

先日ご案内いたしました。
『天野トレーナーパーソナルトレーニング無料体験会』に、まだ多少空きがございます。トレーニングのこと、姿勢のこと、ダイエットのことなど身体のお悩み相談だけでも歓迎です!是非この機会にご体験してみてください。

下記の日程が空いております。

3/ 6 (水)16時~18時
3/12 (火)15時~21時
3/13 (水)15時~18時
3/14 (木)17時~21時

お問い合わせ

imai.yuuichi124@gmail.com

090-1869-4157

注)今井からの返信を持ってご予約完了とさせていただきます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
うつ病・不安障害などで、休職中・退職された方を対象にリワークプログラムを行っています。メンバーで支えあいながら、「主体性」「楽しむ力」を養うこと、取り戻すことをテーマに活動しています。参加をご希望の方は、診察の際に主治医にご相談ください。

「伝える」から「伝わる」へ

2019/03/01

こんにちは。

3月になりました。この時期は、新学期や新社会人など年度の切り替わりで、前に進もう!ってパワーと、前に進まなきゃ!って焦りが混ざり合って、気持ちがバタバタしてしまう時期でもあります。あまり惑わされずに、自分のペースでいきましょう。

さて、リワークプログラムは今週で85期トラアイルが終了しました。
それぞれが密度の濃い時間を過ごせていたら幸いです。

最終週では「伝わる」ことに意識を向けてみることを伝えました。

自分の思いや考え方を「伝える」(言う)ことだけでなく、相手に「伝わっているか?」を意識してみることを。

自分の思いや考えを言語化して、言葉として発することにチャレンジすることも大切です。自己表現や自己主張もトレーニングのひとつです。グループワークを繰り返す中で、少しずつ「伝える」(言う)ことができるようになってきます。

そこで次のステップとして、伝えた言葉が相手に伝わっているか?ということに意識を向けてみました。思ったことを言うだけの一方通行では、コミュニケーションといえないです。双方向がキーワードです。

(*’▽’)<伝える ⇒ 伝わる?>(´・ω・`)

コミュニケーションは双方向なものなので、一方通行なのは「つぶやき」や「押しつけ」といった感じでしょうか。「押しつけ」な言葉は、日常にはたくさんあったりしますね。上司が「前にも言っただろ?なんでできないんだ!!」のようなことってありますよね。「言った」けど「伝わってない」からできないのだけど、正直に返答してしまうと火に油を注ぐような展開になりそうです。

わかりやすい言葉で伝えることも大切です。自分の頭の中にあるイメージや知識を、相手にわかるように言語化するというのはなかなか難しいです。難しいですが、うまく伝わると思いや考えを共有できるので、一緒に行動したり、目的に向かって行動しやすくなります。

(*’▽’)<伝える ⇔ 伝わる>(‘◇’)ゞ

ちょっと勇気がいるかもしれないですが、相手に自分の思いや考えが伝わっているかを確認することも大切です。一方的に話しをするだけでなく、相手に考える時間をつくることや、伝わっているかを確認することなど、相手のことを考えて伝えていくことができると伝わりやすくなります。「伝わった?」と勇気をだして聞いてみよう。

もちろん、受け取る側も「知ったかぶり」をしないことも大切です。よくわからないときは「どういう意味?」とわからないことを質問することでコミュニケーション(双方向のやりとり)になります。わかったふりをして、後で大ごとになることもありますから。

(*’▽’)<伝える ⇒ はいはい>(`・ω・´) ⇒ ?(大ごとに)

日常生活のコミュニケーションで、双方向のやりとりができているでしょうか?思い返すと・・・けっこう一方通行な時ってあると思います。自分の思っていることは、相手も思っているはずって思い込みが強くなっていたり、それって常識でしょ!!と決めつけすぎていたり・・・・

「伝えたい」ことが「伝わる」と安心します。

ホッとしますね。ちょっとうれしくなるかも。反対に「伝わらない」とイライラしたり、悲しくなったりします。コミュニケーションって不思議ですね。言わずとも理解しあえればよいのに。そうすると「空気を読む」とか「察する」とかって、ものすごいことなのかもしれませんね。超能力?読心術?のような必殺技かな。実際は、「空気を読んでるっぽい」「察してるっぽい」ような一方通行になっていることもありそうですね。

人と人が分かり合うこと

当たり前のようで、当たり前でないこと。なかなか難しいことだからこそ、分かり合えた時のよろこびが大きいのかもしれません。思いがすれ違ったり、かみ合っていなかったりするときに、伝え方だけでなく、伝わっているかに意識を向けてみると視野が広がるかもしれません。また、わかりやすい言葉で伝えたとしても「伝わる」までの時間も人それぞれ。それを、ゆっくり待てるようなゆとりもほしいですね。

双方向なのがコミュニケーション

お互いがお互いを思いやる、伝えあう・・・そんな時間をもてること、つくることが分かり合う第一歩なのかもしれないですね。

 

また来週です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
うつ病・不安障害などで、休職中・退職された方を対象にリワークプログラムを行っています。メンバーで支えあいながら、「主体性」「楽しむ力」を養うこと、取り戻すことをテーマに活動しています。参加をご希望の方は、診察の際に主治医にご相談ください。