当院における新型コロナウィルス感染症の対応について

今度の新型コロナウィルス感染症は第二次世界大戦以来ともいわれる全世界のあらゆる人々にとって脅威であり、大変な試練であると思われます。
そんな中で、長い自粛生活のストレスや感染に対する不安を抱え、つらい日々を過ごされたり、今まで通院していた病医院への受診をためらわれている方も少なからずいらっしゃると思います。

当院では、できる限りのウィルス感染対策を行い、皆さまが安心して受診していただけるよう心を砕いております。
全従業員の健康管理を厳格に行い、また患者さんにもご協力をいただくべく下記のように対策を行っています。

1:全従業員の1日2回の体温測定と健康チェック
2:全従業員のマスクの装着と受付でのビニールシートや診察室でのアクリル・パーティションの設置
3:手洗いの徹底
4:頻回の換気
5:発熱、風邪症状のある患者さんは待合い室への入室をお断りし、通常診療と動線を別にする
6:患者さんにも全員マスクの装着を依頼する
(持参されない方は実費でお分けしております)
7:患者さんが待合いで「密」な状態にならないよう、予約・診療に配慮する

山中伸弥先生もおっしゃているように、このコロナとはマラソンのような長丁場の闘いになります。
十分な注意・対策をした上で、でも過剰に心配なさらず、おおらかにしなやかにこの1年を乗り切りましょう。