1. Home>
  2. リワークプログラム

リワークプログラム

うつ病デイケア(復職支援プログラム)〜リワークプログラムとは〜

うつ病デイケアは、うつ病や不安障害で休職・退職された方で、復職を目指す方を対象にした、職場復帰支援専門のデイケア(リワークプログラム)です。
当院は、リワークプログラム研究会のメンバーとして毎年総会で実績報告を行っていますが、研究会の参加施設の中でも非常に特筆すべき特色を有しています。
それは、作業療法的なプログラムは必要最低限にして、心理療法をぎっしりと満載したプログラムであることです。
再発しない為の自己洞察を深化させ、スキルを身に付ける為に改良を重ねられたプログラムとなっています。

働く力を取り戻すプログラム デイケアルーム

「働く力」を取り戻すためのプログラムです。職場に戻るのではなく、「職場で働くことができる」ことを目指し、「復職準備性」「再発予防」の強化をします。
プログラムの柱として、「リハビリ」「再発予防」「スキルアップ」の3つを提案しています。

リワーク(復職)とは、社会の一員として、自分だけでなく、他者との関わりの中に適応していく必要があります。
うつ病デイケア自体を一つの社会(会社)と考え、仲間と一緒にプログラムに取り組むことで、集団で適応的に行動できることを目指します。
「参加者が主体的に取り組むプログラムにすることで、「復職させる」のではなく、「復職する意志」を取り戻すことを目的としています。

また、復職はゴールではなく通過点であり、その後の人生を再発を予防し、よりよく働くために、この期間に「スキルアップ」する視点を持つことを促しています。
休職が「無駄な時間」ではなく、人生の「有益な時間」(新たな体験)となり、同じ時間を共有する仲間と強いつながりを持てるプログラムをめざしています。

復職可能と言われても、職場の求める就労レベルとギャップが大きくあり、適応できずに再発・再休職することも少なくありませんでした。
TVや新聞をみることや散歩をする日常生活と、毎日通勤し、長時間作業に集中する労働環境とでは負荷が違います。
そのために、メンタル(心)の調整にも、「リハビリテーション」が必要になってきます。

段階的なプログラムによるトータルケア

うつ病の急性期の症状が休養や薬物療法により安定後、 回復期〜維持期にかけて、段階的にプログラムをステップアップさせていきます。
復職準備から復職後の再発予防までを経過をみながら、段階的にトータルにサポートします。

回復期には基礎的なプログラム(ベーシックコース)からスタートし、実践的なプログラム(アドバンスコース)へとステップアップしていきます。
安定してきた寛解期には、より負荷のあるプログラム(復職トライアル)にチャレンジしていきます。
一歩ずつ負荷をあげながら、復職に向けてリハビリに取り組みます。

段階的なプログラム リワークプログラムの特徴 リワークプログラム

オフィスワークでなく、心理教育を主体としたプログラムです。認知行動療法を中心として、集団の中で議論し、他者と関わることを通して復職準備性の向上と再発予防の力をつけます。

また、今後の人生のためのスキルアップの意識を持つことで、休職期間をより有意義に過ごしたという経験をもちながら、復職を目指します。

「凹まない自分を作るのではなく、凹んでも元に戻る力をつける」(失敗しない方法をみつけるのではなく、失敗しても立ち上がれる力をつける)「休職時と同じような状況になったら、どうするか考える?」「他者と関わりながら、状態を安定させていく」に取り組んでいきます。

タイムテーブル



① リワークプログラムB:ベーシックコース【主体性をとりもどす】

復職準備性を高めるため、基礎力を繰り返しトレーニングします。
講座を通して生活リズムを整える、他者と会話する、集中して作業するなど、具体的に練習していく中で、物事の捉え方を見直し、回避している行動に向き合うことで、前に進む力を取り戻します。

☆生活リズムを整える ☆人と一緒にいる事に慣れる。会話することに慣れる。※自分の状態に気づく力をつける(客観視)
 ※他力ではなく自分で考えて行動する。



② リワークプログラムA:アドバンスコース【協調性について考える】

再発予防に向けて、負荷をかけたプログラムにチャレンジをします。

復職トライアル:復職直前という状態になった時に、1ヵ月の継続したプログラムを通して、復職判定につなげます。
①席率 ②課題/ホームワーク提出状況 ③共同作業課題への協調性 ④発表会 など、1ヶ月間の負荷のある生活を仲間と乗り越えた経験は、達成感や自信につながります。その継続した取り組みが再発予防の確認になります。



③ 復職トライアル【継続性を確認する】

「復職トライアル」という1カ月間負荷をかけて復職準備性をチェックするプログラムに参加することで、毎日出席することや、グループのまとめ役をすること、共同作業課題やプレゼンテーションなど、1カ月間を負荷のある状況でリハビリを行っていきます。

1ケ月通して負荷をかけた場合の自分の状態をチェックすします。決められたことをこなすことができるか(宿題・共同作業課題・プレゼンテーション(発表会)など)
※復職は「通過点」、復職後のことを考えていくことで、今後の安定(再発予防を含む)のきっかけをつかみます。



④ 保健師による面談【職場との環境調整を考える】

復職に向けて、職場環境の調整や復職プランの確認、現状報告など、職場との面談が重要になる場合もあります。
そのような場合に、「ご本人」と「職場の担当者」と「保健師」で、復職に向けて面談(リワーク会議)を行います。

●共通理解をもつこと、不安を減らし、安心を増やします。
復職する側だけでなく、状況や状態がみえないことで、会社側も「不安」を抱えています。「どのような状態なのか」「どう接したらいいのか」このことが分かるだけでも安心感が持てます。デイケアでの取り組みを説明することも職場の病気の理解を促すきっかけになります。

●「休職」「復職」の制度やシステムを共有する
「いつまで休職できるのか?」「復職支援はあるのか?」など、会社に確認を取っておきましょう。その上で、第三者(保健師)を交えて面談することで、今後の流れを明確にすることにもつながります。
また、復職プランを話し合うことで、お互いに安心感をもち、円滑な復職を目指すきっかけを作ります。



⑤アフターリワーク【復職後のフォローアッププログラム】

復職後も定期的に仲間と集まって話すことやプログラムを振り返ることで、再発予防を継続します。
職場復帰後のフォローアップとして、リワークスタッフを交えて情報交換会を行います。
復帰後の気持ち、困っていることなどの復職後の体験を話し合うことで、自分自身を振り返り再発予防の意識を強化します。

また、復職後の“ホッと”一息つく安心な時間を仲間と共有しましょう。必要な場合には、個人カウンセリングや職場面談などのサポート体制も整っています。

■スタッフ:医師・看護師・保健師・臨床心理士・シニア産業カウンセラー・キャリアコンサルタント・アロマセラピスト・運動インストラクターなど専門のスタッフと一緒に、安全かつ主体的にプログラムに取り組み、円滑な職場復帰をサポートしていきます。

リワークプログラム スタッフ デイケア
河合 陽子
[講座] 睡眠環境講座
[資格] ・スリープマスター ・優良羽毛診断士 ・タオルソムリエ ・ピローアドバイザー ・AEAJ認定アロマインストラクター
[専門領域] 睡眠のための環境づくり、寝具アドバイス
不眠を改善するためには環境を整えることは不可欠です。正しい知識でグッスリ睡眠への第一歩を踏み出しましょう。
また、寝具の具体的な悩みなども一緒に解決していきます。
今枝 昌子
[講座] リラクセーション講座
[資格] ・スリープケアマスター ・アロマアドバイザー ・(社)日本快眠協会 ・ナードジャパン
[専門領域] リラクセーションの実技
ストレスケアのためのリラクセーション法として、筋弛緩法やアロマテラピー、足裏快眠法をお伝えしています。
豊田 康博
[資格] ・健康運動指導士 ・メンタルヘルス運動指導士
一見して関係がないように思える「心の病」と「運動」。実はとても関連があり「運動」することにより、脳に好影響を及ぼします。
また「運動」は「睡眠」にも好影響を及ぼします。
「運動」で直接「脳」をリフレッシュし、質の良い「睡眠」を獲得して、心の病に打ち勝ちましょう!
宮城谷 直子
[資格] ・保健師
長年、企業で従業員の方の健康管理業務に携わってきました。リワークプログラムでは、復職に対する不安を少しでも減らせるよう、個別に相談をお受けするとともに、必要に応じて職場の方を交えての話し合いを行っております。
また、食事や体調についての相談も承っております。気になることや困ったことがありましたら何でもお気軽にご相談ください。
電話番号 Web予約 ゲート内科・心療内科

診療案内

マインドフルネス リワークプログラム カウンセリング スタッフ募集 メディア掲載情報 企業の方へ ブログ