1. Home>
  2. 診療案内>
  3. 診療科 / 内科>
  4. 認知症

診療案内

認知症

年を取ると、多少のもの忘れはあるものですが、認知症はそういった加齢現象とは違い、正常だった脳の働きが低下していく症状です。
はじめは、思い出せない、覚えられない、分からない、などだんだんと日常生活が上手に送れなくなってきます。やがて、幻覚・妄想などの意識障害、徘徊などが現れ始め、周りの人々にも影響を及ぼし始めます。
「認知症」という言葉そのものは病名ではなく、そういった独特の症状の総称です。

認知症の種類にも以下のように様々なものがあります。

1.アルツハイマー型認知症
最も頻度が高く、脳の中に異常なたんぱく質(βアミロイド)が蓄積することによって、健康な神経細胞が破壊され、脳が次第に委縮する病気です。初期の段階では短期記憶の障害がみられます。

2.レビー小体型認知症  
記憶障害以外に、幻視、パーキンソン症状(体のこわばり、動作が遅くなる、転倒しやすくなる)が現れやすく、頭がはっきりしていたりぼーっとしていたり、日によって症状の変動が起こりやすいのが特徴です。
早期には認知症が目立たず、幻覚や妄想、抑うつといった精神症状が前面に出てくることもあります。

3.前頭側頭型認知症
盗癖や無銭飲食など、反社会的な行動を特徴とする認知症です。過食や性的逸脱、早期から尿・便失禁、放尿などもみられます。
これらの異常行動により、介護者は疲弊しますが、記憶は保たれるため認知症と診断されない場合があります。

4.脳血管性認知症  
動脈硬化が原因で、脳梗塞などにより引き起こされる認知症です。脳の病変の場所によって、手足の麻痺、ろれつが回らないなど様々な症状を引き起こします。

5.その他
脳腫瘍、脳炎、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、甲状腺機能低下症なども認知症の原因の一つです。この中には手術や治療で改善が望めるものも多いので、早期発見が大切となってきます。


当院では、心療内科・精神科専門医と内科専門医を兼ね備えている医師による診察であることが認知症の診断、治療に対し大きくメリットになっています。

内科的な原因を除外し、近隣中核病院と連携をとって、頭部MRIやSPECT(脳血流シンチ)を必要に応じて行います。いわゆる「認知症」だと他院で診断されていたものが、うつ病の認知機能の低下であったといことは日常診察で多々みられます。

また、認知症の周辺症状として様々な精神症状をきたすことも多く、精神科医療に習熟した医師であることも治療選択上有利であります。このようなメリットを生かして、認知症の治療の道筋を作ることが当院の使命と考えます。

 
電話番号 Web予約 ゲート内科・心療内科

診療案内

マインドフルネス リワークプログラム カウンセリング スタッフ募集 メディア掲載情報 企業の方へ ブログ