1. Home>
  2. 診療案内>
  3. 診療科 / 心療内科>
  4. 更年期障害

診療案内

更年期障害

女性の体は、一生を通じて女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の影響を受けています。
特にエストロゲンは、女性のライフステージによって大きく分泌量が変化します。

女性は、小児期を過ぎ思春期になると、エストロゲンの分泌が高まり初経を迎え、性成熟期には安定し、妊娠・出産に適した時期となります。その後、更年期になると分泌が減り、50歳前後で閉経を迎えるとともに、急激に低下します。

閉経をはさんだ更年期に起こる心身の様々な不調が「更年期障害」です。
これは主にエストロゲンの欠乏によるものです。エストロゲンは、生殖機能以外にも心血管系、自律神経系、脳機能、皮膚代謝、脂質代謝、骨代謝など女性の体の様々な器官に作用しています。
エストロゲンが欠乏すると、これらの器官が今まで通り機能できなくなり、これにより様々な不調を感じることになります。

これらの症状を総合的に判断し、副作用等を考慮し、ホルモン補充療法、漢方療法、抗うつ薬等の向精神薬治療などを必要に応じて併用して治療を行います。

 
電話番号 Web予約 ゲート内科・心療内科

診療案内

マインドフルネス リワークプログラム カウンセリング スタッフ募集 メディア掲載情報 企業の方へ ブログ